鞆の港

鞆まちづくり工房

空き家バンクプロジェクト

2005年度グッドデザイン賞−「中小企業庁長官特別賞」受賞!

10月3日午後2時、本年度のグッドデザイン賞受賞作品が発表されました。

お陰さまで 『グッドデザイン賞』と
更にその中から選ばれる特別賞『中小企業庁長官賞』を頂く事になりました。

今回、「瀬戸内の港町鞆における空家の再生」としてエントリーし、この賞を頂いたのですが私たちの ‘空家バンク事業’‘竜馬ゆかりの町家修復事業’という活動に対してだけこのような賞が贈られたわけではありません。

鞆に住んでいる方、鞆を大事に思う多くの方たちの手によって空き家や町家が息を吹き返し、新たな歴史を刻んでいくという動きが、自然に起こっている事を高く評価され、それに取り組むみなさんに対して贈られた賞なのです。


詳しくは展示用に作成したパネルをご覧下さい。
パネル
   
※クリックで大きくなります

このパネルを作成する際、鞆で頑張っておられるみなさんをご紹介したいと思い主に、最近(2・3年のうち)再生をてがけられた個々の商店の方々にインタビューし再生にあたっての思いなどをお聞きしました。

また、審査委員の方のコメントや今回の応募資料などがのっていますので、
グッドデザイン賞のホームページもご覧下さい。
「中小企業庁長官賞」受賞者


新聞等でもいろいろとご紹介頂きました。
(こちらも後日、近日中に、ご紹介します)

本当に多くの方々のお陰で頂いた賞だと思っております。みなさん本当にありがとうございます。

2005年10月4日



Good Design Award2005(2005年8月27日)


私たちがエントリーしたのは、
 「建築・環境デザイン部門」
会場の奥にそのコーナーがありました。
 一番通路側に展示されていたので遠くからでもパネルの『鞆』の字が良くみえました。 パネルには、「鞆における空家再生」と題し、鞆の町の空家問題の現状と私たちのそれに向けた取り組み、そして今、鞆の町で頑張っておられる個人の方々(この度は特にここ2・3年の間に空家を活用してお店等をされている方々)の‘空家再生ライフ’をご紹介しました。このパネルも後日ご紹介したいと思います。

行って来ました。『Good Design Presentation 2005』 東京ビッグサイトの広い会場に、今年のグッドデザイン賞にノミネートされた作品が2000点以上!携帯電話やパソコン、車もずらーっと並んでいました。サラリーマン風の方や、デザイン関係!?の学生さん、またお子さま連れのファミリーまで本当にいろいろな方が見に来られていました。 そんな中に、鞆まちづくり工房の展示パネルもありました〜!!










今回の私たちのエントリーは、「審査委員による推薦」というもので、第1次審査をパスしたものとみなされるそうです。なので、2次審査をパスすれば、鞆の浦における空家再生活動に‘Gマーク’が贈られる事になります!? 商品とか、建物自体とか、そういうものではなく、活動に対してということで、もし選ばれたら活動自体に対してグッドデザイン賞が贈られることは大変少ないそうです。私たちもGマークとこうしてご縁が出来るとは思ってもいなかったので想像がつきません。どうなることやら!
でも、賞の受賞はさておき、このように東京で、しかもあんなに大勢の方に「鞆の浦」を知って頂くことが出来た事、そして今回ご紹介させて頂いた鞆のお店の皆さんには(事前にインタビューをさせて頂いたんですが)空家再生や、鞆の町に対する思いなど、いろいろなお話を聞かせて頂けた事、それが何より収穫だったなと思っています。結果はまだ。乞うご期待です!

協力者

短い期間で立派なパネルを作ってくれた、東大都市デザイン研OBの三牧君と奥さんのりっちゃん、今川君、本当にありがとうございました!ちなみにうちの手ぬぐいを作ってくれている方たちです。


リンク

グッドデザインのホームページ(外部リンク)

Copyright© 2008 鞆まちづくり工房 All Rights Reserved.